マツモト建築芸術祭について

マツモト建築芸術祭 実行委員会

・齊藤忠政(実行委員長)
・おおうちおさむ(総合ディレクター)
・青木崇(会長)
・西片隆(事務局長)
・程野和美
・常徳拓
・望月なつえ
・中本恵子

目的・沿革

マツモト建築芸術祭は、実行委員長である齊藤忠政の呼びかけのもと、長野県松本市の魅力のひ とつであるノスタルジックな建築物を会場にアート作品を展示、その対比・融合・共鳴により、 松本の街に新たな化学変化を起こし、松本の活性化につなげようという趣旨で、2022年からス タートした芸術祭です。 松本市には国宝「松本城」や「旧開智学校」だけではなく、なまこ壁の土蔵造りの建物や、正面 を西洋風に装飾した「看板建築」といわれる店舗兼住宅など、日本の近代化を象徴するさまざま な建築物が数多く残り、独特の街並みを形作っています。

当芸術祭では、普段の暮らしの中に存 在するそのような「名もなき建築」の価値を多くの人たちに再認識してもらい、活用に向けての 後押しをすることも目標としています。 また、観光客が少なくなる冬の時期に毎年開催し、街のにぎわい作りに寄与します。

2022年1月29日~2月20日 マツモト建築芸術祭初開催。現在、2023年2月の開催に向け準備中。

お問い合わせ先

マツモト建築芸術祭 実行委員会事務局
〒390-0815
長野県松本市深志1-2-18コスモビル3F
(扉ホールディングス株式会社内)

TEL:0263-87-8631
FAX:0263-88-5477