MENU

NEWS

マツモト建築芸術祭 2024 ANNEX 開催決定!

マツモト建築芸術祭実行委員会(所在地:長野県松本市、委員長:齊藤忠政、総合ディレクター: おおうちおさむ)は、第3回となる「マツモト建築芸術祭 2024 ANNEX」を、 2024年2月23日(金)から3月24日(日)まで31日間の日程で開催することを決定いたしました。 

《名建築に アートが住み着く マツモトの冬。》をコンセプトに、過去二度に渡り開催したマツモト 建築芸術祭。来場者数は2022年:延べ65,000人(23日間開催)、2023年:延べ81,500人(23日間開催) を超え、松本市の中心部に数多く存在するノスタルジックな〈名建築〉とアートの競演を県内外の方に広く楽しんでいただきました。

芸術祭をきっかけに古い建築物の活用と保存への意識も高まっています。松本の芸術文化振興や観光 の付加価値を高めることに加え、失われゆく〈名建築〉を生きた形で活用することや地域活性化への取 り組みにも力を入れるため、継続の開催を目指しています。

今年で第3回目を迎えるマツモト建築芸術祭2024 ANNEXでは、《消えゆく名建築 アートが住み着き記憶する》松本城に隣接する旧松本市立博物館をメイン会場として開催予定です。同館の取り壊し前 に開催される最後のイベントとなります。

第3回「マツモト建築芸術祭」概要

名称:マツモト建築芸術祭 2024 ANNEX
副題:消えゆく名建築 アートが住み着き 記憶する
英語表記:MATSUMOTO Architecture + Art Festival
会期:2024年2月23日(金) ~ 3月24日(日) 31日間
会場:旧松本市立博物館 (メイン会場) / 新松本市立博物館 / 信毎メディアガーデン
入場料(メイン会場):一般2,000円、高校生・大学生・専門学生 1,500円、中学生以下無料


実行委員長:齊藤忠政 (さいとうただまさ)
長野県松本市生まれ。扉ホールディングス株式会社社長。国定公園内にある「扉温泉明神館」や130年以 上前に建てられた商家「旧光屋」を再生した「レストランヒカリヤ」などを経営する。「Satoyama villa DEN」や「Satoyama villa HONJIN」など、古い建築物を保存活用する取り組みにも力を入れる。

総合ディレクター:おおうちおさむ
有限会社ナノナノグラフィックス代表。形や色などの知覚表現により展示空間を総合的に作り上げる「セ ノグラフィー」を得意とする。「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」の展示空間デザインや、「千の葉 の芸術祭」(千葉市)や「アンディ・ウォーホル・キョウト」(京都市)ではアートディレクターを務める。

メインビジュアル:カンディダ・ヘーファー(Candida Höfer)
写真家。ドイツ、エーバースヴァルデ生まれ。建築物のインテリアを緻密に構成した大判カラー写真で知 られる。細心の注意を払ってショットを構成し、部屋の中央または空間の内部構造を最もよく表す対角線 に沿って対称的に配置し、図書館、博物館、ホテル、美術館など、などの文化的・制度的建造物にレンズ を向け、誰もいない不在の公共の空間や施設に残された心理的な残骸を捉える。バーゼルとべルンのクン ストハーレ、パリのルーヴル美術館など世界各地の有力な美術館で展示を行い、2002 年のドクメンタ 11、2003年のヴェネツィア・ビエンナーレのドイツ代表にも選ばれ、国際的な評価を得る。


お問い合わせ先:マツモト建築芸術祭実行委員会
〒390-0815 長野県松本市深志1-2-18コスモビル3F
TEL: 0263-87-8631
Mail: matsumotomaaf@gmail.com