AREA MAP

3

旧念来寺鐘楼

Former Nenraiji Belfry

【長野県宝】

松本市中央4丁目9-13 妙勝寺
13:00〜19:00

建築年 宝永2(1705)年
設計者 不明
施工者 摂津国大坂四天王寺檜波衆和泉守藤原家次 中村善兵衛ほか

宝永2(1705)年築の総檜(ひのき)造りの鐘楼。多くの寺院が領主の祈願寺や菩提寺であったのに対し、念来寺は庶民の寺として多くの人の信仰を集め維持されてきた。廃仏毀釈で明治5(1872)年に廃寺となり伽藍は破壊されたが、鐘楼は「時の鐘」の役割を果たすため破壊を免れた。

入母家造りの屋根は本瓦形銅板葺きで、建築当時は檜皮(ひわだ)葺きだったが5年後に銅板葺きに改められたと伝わる。1階の板張り部分は袴腰(はかまこし)付きで、2階の床と大きな屋根は多重の組物で支えられている。軒裏は二重で、垂木(角材)を用いず雲水の彫刻を施した厚板で持ち出されている。この彫刻は板の節(ふし)を渦の中心にして彫られており、堅くて彫り難い節を生かす工夫がされている。2階は格子を組んだ格天井(ごうてんじょう)で、彩色を施した円形の方位盤の中心から鐘が吊られている。鐘と欄干の擬宝珠などの錺(かざり)は戦時中に供出されて失われていたが、令和2(2020)年の修理工事の際に復元した。

昭和44(1969)年に松本市重要文化財に指定された後、平成24(2012)年に長野県宝となった。


Year of construction: 1705(Hoei 2)

Architect: Unknown 

Builder: Settsu Province, Osaka Shitennoji Hinohashu Fujiwara Ietsugu Nakamura Zenbei, etc. 

[Nagano Prefecture Treasure]

A total hinoki (Japanese cypress) bell tower built in 1705. While many temples were prayer temples for lords or family temples, Nenrai-ji has been maintained as a temple for the common people, attracting the faith of many people. The temple was closed in 1872 due to the abolition of Buddhism and the temple complex was destroyed, but the bell tower was saved from destruction because it served as the “time bell.

The first floor is covered with shingles, and the second floor and the large roof are supported by a multi-layered framework.  The eaves are double-layered, and instead of using rafters (square timber), they are brought out by thick boards with carvings of clouds. The second floor has a latticework ceiling with a bell suspended from the center of a circular, colored directional board. The bell and the ornaments on the parapet, such as the pseudopodia, had been lost during the war, but were restored during the repair work in 2020.

旧念来寺鐘楼